6畳の和室から洋間の床に張り替えるプチリフォーム工事術

サム住建のプチリフォームは、和室から洋間への床の張替も短期間工事と無駄な工事費を抑えた節約価格の工事費で床のリフォームをお考えの方の悩みを解決します。

6畳和室の床を洋間の床に張替えるリフォーム工事(解体・骨組み)

和室の畳を剥がした状態

和室の畳を剥がした状態
まず和室の畳を剥がします。畳の下の部分は荒床と言います。荒床も解体し根太(ねだ)と呼ばれる骨組みを組む場合が多いのですが、荒床を解体しない事で廃材の処分費用と解体する工事期間・工事費を節約します。

荒床の上に新しい骨組みを施工

荒床の上に新しい骨組みを施工
荒床を解体しないでこの上から骨組みとなる根太の施工を行います。

骨組みの上にベニヤ板を張り

新しい天井材の施工
骨組みの根太の上に床材のベースとなるベニヤ板を張ります。床材はお客様のご要望とご予算に応じてお好みの床材を選ぶことができます。(床材も環境に配慮した材料を使用しています。)

6畳和室の床を洋間の床に張替えるリフォーム工事(表面床材の施工)

表面の床材張り

表面の床材張り
この施工例の場合、塩化ビニールタイルを張っています。お客様のご要望に応じてフローリングなどの床材にすることも可能です。工事費用や傷つき難さ、お手入れのし易さ等の面では、塩化ビニールタイルをお勧めしています。

表面の床材

表面の床材
表面の床材は、塩化ビニール製のタイルです。厚さ3.5mm、木目調の模様。お好みによりタイル調など各種デザインが豊富にあります。塩化ビニールタイルの特徴は、表面が軟らかいので物を落とした場合など傷がつき難く転倒してもショックが和らげます。小さなお子様がいるご家庭にも安心してお勧めできます。

住宅の改築・プチリフォームのご相談は、株式会社サム住建までお問い合せ下さい。

株式会社サム住建
静岡県田方郡函南町上沢684-4
TEL 080-1001-3565